介護福祉士/ケア・ワーカーの資格

スポンサードリンク

介護福祉士国家試験の受験資格

介護福祉士

介護福祉士の資格を目指す人の内

約60%の方は介護福祉士国家試験を受験して合格する方法で取得されています。


介護福祉士国家試験の受験資格は次の通りです。

・高等学校卒業後に3年以上、介護等の業務に従事して実務経験を積んだ人

・福祉系高校で福祉に関する科目を履修して卒業した人


「介護等の業務」の範囲及び業務従業期間については

「社会福祉士及び介護福祉士法」によって詳細な規定があり、従事している職種が受験資格として認められなければ受験はできません。


一方、「介護等の業務」は「連続して3年」の実務経験は必要ありません。


転職をしても通算して受験資格の対象となる施設(もしくは事業)及び職種での在職期間=従業期間が1,095日以上、従業期間内において実際に介護等の業務に実際に従事した日数=従事日数が540日以上あれば受験することができます。


例え受験申込日までに3年に達していなくても、筆記試験前日までに期間・日数が上記の日数以上となる見込みの人は、「実務経験見込み」として受験することができます。

スポンサードリンク